<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

二上山から上ノ太子へ

f0026766_8353864.jpg
f0026766_8353972.jpg
f0026766_8354020.jpg
前日に早朝3時起きで友達家族とタコ釣りに出かけた長男、少々お疲れ気味で無理させる気にはなれず、この週末は地元の二上山を二人でチョイラン。家を9時過ぎに出発し、二上山駅の無料駐輪場に自転車を停め、二上登山口から雄岳、馬の背、雌岳、ダイトレ起点の穴虫峠をトレラン。ここんとこ、山道下り坂でも長男について行けてる。峠からはアスファルト道だが距離稼ぎに上ノ太子駅まで下り坂ランとし、結果9km走行。近鉄に一駅乗って畑食堂でお昼とし、13時前に帰宅。長男はこれで元気を取り戻したのか、帰るなり時刻表をめくり、何やらメモ。最近覚えた「70円でJR大回り」に一人出かけました。。

[PR]
by takeshiblog-_-p | 2013-06-30 16:30

北鈴蘭台から三宮へ

長男が8月4日開催のトレラン3kmレースに出場したいというので、その現地視察とトレーニング目的で神戸市立森林植物園へ。神戸電鉄北鈴蘭台駅からの約3kmを9時に出発。レース当日の予行を兼ねているため、歩いて約30分で現地到着。事務所で色々当たってみたが、結局、コースの詳細は分からず仕舞い。しかしその距離なら園内小回り一周程度との距離感をつかめたので、早々に下山。小雨が降るあいにくの天候だったが大崩れはなかった。再度山からビーナスブリッジへ下りてくるはずが、途中で想定の道をはずれ、布引の滝から新神戸駅方面へ。途中、見晴らし台と布引の滝で記念写真。結局、三宮に11時30分着。走行距離は12キロ。大阪駅グランフロントに寄って帰りました。
f0026766_151848.jpg
f0026766_1511015.jpg

[PR]
by takeshiblog-_-p | 2013-06-23 12:50 | Exercise

生駒縦走(石切〜信貴山下)

f0026766_22481281.jpg
f0026766_22481973.jpg
f0026766_22482858.jpg
ダイトレの次は生駒縦走と考え、長男を連れて午前8時、近鉄石切駅からまず生駒山頂へ。前日の雨で道の状態を心配したが、逆にフカフカして脚に優しく、気化熱を奪って涼しくなっている印象。642mの生駒山頂も難なくクリアし、ここから南下。上りもあるが、大方は下り坂。前回分かった脚運びで長男とはほぼ互角のスピードが出せるようになった。希望の鐘展望台、暗峠を経て、ケーブル高安山駅に11時12分到着。しかし、わずか2分前にケーブルカーは出た直後で次は50分待ち。仕方なく自力で下山を決断。しかも長男は元気が出てきたというので、最寄りの恩智駅ではなく、王寺側の近鉄信貴山下駅まで向かう。平地へ降りてきたのと太陽高度が上がるにつれ、縦走中は快適だった気温も急上昇。旧・信貴山ケーブル跡の一直線下り道を抜けたところでは2リットル持参していた飲み物も底をついたが無事12時18分に到着。走行キロはこれまで最長の19.9キロだった。
30キロ走るなら、恩智駅から生駒山頂往復。高安山ケーブルをエスケープルートとし王寺駅までがよいだろう。

[PR]
by takeshiblog-_-p | 2013-06-16 20:42 | Exercise

岩湧山登山

f0026766_2158368.jpg
f0026766_21583848.jpg
長男(小6)と岩湧山登山へ。南海紀見峠駅から山頂、滝畑ダムを通り関西サイクルスポーツセンターまでの16.5キロを約3時間半。山頂は曇っていて、せっかく360度見晴らせるのに残念。しかし比較的アップダウンが小さく、ダイトレの中ではとても走りやすいコースであった。今回は下り坂の途中で比較的楽な脚さばきを偶然発見。着地後瞬時に腿を上げ、着地の反発力を逃がす動作。股関節の柔軟性は求められるが、これでリズミカルに次の着地へラクに備えられ、腿の疲労がほとんど溜まらない。長男にも多少、追いつけるようになった。
30キロ走るなら、JR北宇智駅からダイトレを西へ。滝畑ダムからのバスをエスケープルートとし、河内長野までがベター。もしくは北宇智→金剛山頂→岩湧山頂→紀見峠→天見駅も候補。

[PR]
by takeshiblog-_-p | 2013-06-09 19:00 | Exercise