<   2011年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2011あざいお市マラソン

2011年秋のシーズンイン1走目に選んだのは、大阪マラソン3週前の10月9日に開催されるあざいお市ハーフマラソン。滋賀県長浜市まで、当日早朝から遠征してきました。結果は平凡なタイム(1時間33分49秒)。順調さを欠いた秋緒戦としては当然の結果かもしれません。

f0026766_2313493.jpg


幸運にも当選し出場が決定している10月30日開催の大阪マラソンは第一回。混乱があると予想できるが、毎年出場している福知山に比べてコースは超フラット。これに出来れば照準を合わしたトレーニングを今年の夏場は積みたかった。しかし仕事のほうは7月より担当業務が変わり、休日出勤も入るなど、なかなか走行距離が伸びなかった。9月にようやく月間300キロを突破。昨年の反省も活かし、ロングのペース走も多少は練習に取り入れ、走り込み総量は少ないものの順調に当日を迎えられるかと思った矢先にウォーキング会下見業務で左脚ふくらはぎを痛め、まさかの丸1週間静養。3日前に出場可否を確かめるためにエアロ1時間と5キロのビルドアップ走をこなし、違和感は出なかったが念のため当日まで再度静養。脚に不安をかかえたまま出場した。
当日は例年同様に合計30キロ走とするため、ウォーミングアップ会場で9キロ、周回走をキロ5分強ペースで実行。が、ここにも落とし穴が潜んでいた。あまりにも小回りな左回りコースであったため、左脚に偏った着地を続けてしまい、スタート直後には左足裏に痛みを生じていた。
走るコースは福知山とよく似た感じ。川沿いを北上し、引き返してスタート地点がゴールとなっている。多くのボランティアの方々、声援を送ってくれるたくさんの地元の方々に支えられている大会と思えた。有難いことだ。さてレースだが、前半の若干上りである8キロと下りとなる2キロの計10キロまでは4分10秒~20秒を刻めていたが、以降は身体全体に疲労感が漂い、ダラダラと遅れ、キロ5分もかかるラップになるなど、不本意な走り。20度を超える暑さは、塩飴補給や携帯用ペットボトルを持つなど対策は万全であったが、身体にはこたえたと思われる。一年前の和歌浦ベイと同じ感覚に陥り、ゴール。左脚裏やふくらはぎなど、痛みを発症した部位は帰宅列車内でしっかりアイシング。しかし、喉の渇きやすっぱい物欲しさ、身体全体の疲労感は翌日も消えず、翌々日にようやく快方に向かった。

今回の失速の原因を自分なりに再度まとめてみると、
1)スピードを上げた軽快走をこなすだけの走り込み量が不十分
2)体調を上げていくべき直前の調整ミス。3日前のトレーニングの疲労が抜けず
3)ウォーミングアップをやる場所選択ミスで身体全体のバランスを崩す
4)前夜も含め、このところの睡眠時間が不足気味
5)休養明け秋緒戦で気温高め
6)初コース
7)加齢による衰え
8)フルに向けての練習走であるという気持ちのゆるみ などなど。

レース後半しっかり粘ることで次につながる!との意識を強く持ち、ラップを若干上げることが出来たのはよかった。これで今シーズンの本命レースはいつもの福知山に決めた。大阪は”楽しむ練習走”としたい。

以降は21キロの軌跡
1キロ4分14秒
2キロ4分17秒
3キロ4分21秒 
4キロ4分20秒 
5キロ4分27秒 
6キロ4分23秒 
7キロ4分22秒 
8キロ4分13秒
9キロ4分13秒
10キロ4分10秒 
11キロ4分16秒 
12キロ4分16秒 
13キロ4分19秒 
14キロ4分47秒 
15キロ4分38秒 
16キロ4分29秒
17キロ4分39秒
18キロ5分1秒
19キロ4分58秒
20キロ4分29秒 
21キロ4分29秒 
21.0975キロ0分26秒
Total   1時間 33分 49秒
Ave.4分27秒
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2011-10-26 20:30 | Event