<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

和歌浦ベイマラソンwithジャズ

和歌浦ベイマラソンwithジャズに家族参加してきました。
友人家族との行楽を兼ねた今回、前夜に友人宅泊。今年からワンウェイとなったハーフマラソンスタート地点である和歌山港にて友人と一緒に車から下車。ゴール地点のマリーナシティへ奥様が車で先回りしてくださり、その後の子供たちとのジョグマラソンにも出場する要領です。
f0026766_1585783.jpg

今回の自分個人としての出走目的は、(1)11月に走るフルマラソンのレースペースを決めるつもりで今の実力を測ること、及び(2)日々の練習のモチベーション維持、そして(3)最近自力ではやりにくくなったペース走トレーニングを兼ねようというもの。
これまで参加してきたハーフマラソンと同様、普段の日曜日の1イベントというスケジュールの入れ方で、コースの下調べや口コミ情報なども得ずに臨んだのが油断であったことに気付いたのは、スタート直後から。それが脚を進めれば進めるほど「確信」に変わってきました。まず、
◆1km毎の距離表示がない!
走れど走れど、見当たらない。並走するランナーの中には、ちらちらとそれらしき場所で時計に目を移す動作が見られたが、こちらはキロ表示があるものと思い込んでいる。(1)の目的がぶっ飛んでしまい、もはや糸の切れた凧。気分まかせに走る。あとで、途中経過タイムから想像すると、当初想定よりも20秒は速い、1キロ4分ちょい程度であった模様。

そんな、脳も混乱の境地にあった中で第二のサプライズ。
◆給水所がコース上に現れない!
1回目の折り返し後、5kmの表示を見つけたが、まだ給水所がない。当日は曇りの天気予報が晴れて日差しが強く、ウェアが黒の上下であったために熱を吸収。当日朝にあまり水分を補給していなかったので「これはヤバい」と思い、ペースを落とす(実際には5km折り返し地点の奥まった場所にあったとの事)。8kmの第一救護テント付近にも給水所がない。そんなアホなぁと思っていると、コースは湾沿いの急な上り坂に突入。前半とばしていた反動からか、心肺が苦しく、思うように駈け上がれない。頂上付近でようやく給水所発見。多めのポカリスエットが入ったコップを2つ取り、ゆっくり時間をかけて補給した。その後は後続ランナーから抜かれっぱなし。身体には思うように力が入らない。前々日夜は船釣り前のホテル泊で、翌朝は朝5時から船上に約7時間おり、帰宅後は30センチ級のサバ(一部アジ)55匹と格闘。昨日は友人宅泊でいずれも眠れたものの、やはり睡眠不足気味だったかと。水曜日の夜から飲酒が多めであったなど体調不良に加え、「早くゴールが来ないかなぁ~」というマイナス思考が脳を支配する中で脚を運んでいた。

かなりスローダウンした印象があったのだが、ゴールまであと3kmの時点で1時間18分。キロ4分ペースなら最低限の目標としていた1時間半切りが計算上可能だったが、そんな余力はどこにも無し。スパートできたのは結局ラスト約200m。1時間32分28秒(ネットタイム)でゴールした。
f0026766_1593421.jpg

暑さ対策を含む準備不足、コンディショニング、想定外が起きた際にも冷静に今後の対応を考えるべき等、反省すべき点が非常に多いレースとなった。出走目的の(1)は未達となったが、アベレージでは4分23秒が計算できたのでかなりキツイ目の(3)にはなった。体調を整えて、中1週をあけての吉野川ハーフに挑みます。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2010-10-24 23:47 | Event