<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

レース回顧

福知山マラソン出場の感想をひとことで云うと、「一生の記憶に残る、すばらしい経験が出来てよかった。」です。
f0026766_22434823.jpg
 今回、初マラソン=最後のマラソンという気持ちで臨んでいたので、悔いの残らないよう、行けるところまでスピードを出していこうと決めていました。
 スタートから、いつもの練習より若干速い5分弱のペースを刻んでいました。申告タイムが3時間30分あたりのスタートブロックで並んでいたランナーをも、何の疑問にも感じず、どんどん抜いていく。周囲の山の紅葉も楽しめるぐらい。しかしこれがあさはかでした。経験不足のランナーが陥りやすい、絵に描いたような失敗。(だと思いました。)
 
 21kmを超えた時点で、足に余力が残っていない。この時点でのタイムは、ハーフ走破時と同じ。ハッと気づいたときはもう遅い。たった1カ月間、100kmちょい走っただけ。春のハーフ走破後の状態で、もうハーフ走らねばならない現実がありました。
 
 骨盤から下全部がとても重く、自由が利かない。学生時代から長距離走で後半に抜かれる経験はほとんどありませんでしたが、フルマラソンはちがいました。女性ランナーにスイスイ抜かれていくのが印象的でした。
(余裕を残して30km練習走破した際の21キロ時点を帰宅後確認すると、これより11分も遅かったのです。)

 しかし、このダウンしたペース(1km5分30秒前後。給水時はプラス20秒)を維持して完走できるはず!と、根拠のない信念を胸に、2.5km毎に設けられた給水所まで行けば気分転換できる!のを目標とした、耐え忍ぶ走りを続けました。もはや「楽しく走ろ!」とはほど遠い状態。
 いま思えば、ゴールまでで足のけいれんや腹痛が出なかったのが不思議なくらいです。

 37kmあたりからは1km6分前後とさらにダウン。最後の給水所に見えた41km地点は、じつは少年野球チームの人垣。30人ほどとハイタッチをして、パワーをもらった気がするが、その手の抵抗すら、身体には苦痛。直後は高低差40mの登り坂。給水所以外では歩かない!と誓っていたし、家族にもそう報告したかったのですが、最高点手前20mほどで断念。意識も少々薄くなりかけながら歩いていたところ、沿道のおばちゃんからの「ほら走って!」の一言に反応でき、最後はガッツポーズでゴールを駆け抜けられました。
 
 走破タイムに関しては大満足。21kmからゴールまでは明らかに限界を超えていたので、いま自分にある実力以上のものであることはたしか。しかし、参加者には3時間30分や3時間を切るランナーが沢山いらっしゃる。ただ「走る」だけなのに、とてつもない高い壁に感じられました。

 我が身体が苦痛に2時間強も耐えるという経験は未だかつて無かったもの。長女を産む際2時間30分の陣痛に耐えた妻にはいま一歩近づけたかと思うが、妻の偉大さも身にしみました。

 今回、このような経験ができたのも、ハーフを一緒に走ったメンバや、フル経験者の友人、そして両親や家族がいてくれたからこそ。お世話になったみなさまへ、あらためて感謝しています。
 
[追伸]
心配のトイレ行きは、スタート直後のコース渋滞時の1回きりでゴールまでもちました。ほとんどの給水所で水分補給。1箇所では「おしるこ」までいただいちゃったのに、好結果でした(笑)
原因は?。後半は汗も出ないスピードだったのに。。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-11-26 21:18 | Event

速報

本日出場した初マラソンの結果。
めでたく完走。タイムは3時間49分49秒。やりました!
f0026766_22595667.jpg
今は、下半身全体が筋肉痛、且つひざ関節痛で苦しんでますが、喜びのほうが勝っています。

明日は休暇を取得済み。余韻に浸る1日となりそうです。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-11-23 23:03 | Event

買出し

マラソン本番用にと、前回ハーフ完走時に加え、追加購入したものを紹介します。合計7400円ナリ。
f0026766_6252833.jpg
(1)ウェア
 デサントの製品。ジムに通いながら、色々なメーカのものをあれこれ試してましたが、自分に一番あってると思ってます。普段あまり着ない「赤」を選んだ理由は、パワーが出ると云われていることと、主催者カメラマンの目にとまりやすい!との噂があること。

(2)帽子
 持っていなかった速乾吸湿機能のあるもの。日除け、暑さ防止のため。しかし当日は雨との予報も。

(3)くつ下
 指割れ且つすべり止め用ゴムの付いたもの。シューズ内ではたった数ミリのズレでも、4時間も走ってるとかなりのロスになるという友人の助言を受けて購入。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-11-19 23:12 | Goods

今シーズンの薪

週末のたびに冷たい雨が降るという、絶好(?)のストーブ日和。
今週末に使用した薪は、京都府美山町の森林組合から昨年夏に未乾燥状態で2t購入。まともに薪棚で乾燥をはじめたのは、ちょうど1年前。
f0026766_7315737.jpg
 半信半疑(シロウト目には乾燥状態の良し悪しが見ても触っても判らない)ではあったが、なんとかなるだろうと開き直り、投入。

 結果は大丈夫! 側面から水蒸気が泡立つこともなく、太さ15cm強2本で、摂氏130℃~200℃を4時間保つことができました。

 すべての薪の乾燥がうまくいったと決めつけるのは早計ですが、まずはひと安心というところです。来シーズン用の薪集めは未だ7割程度。そろそろエンジンをかけていかないと。。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-11-18 22:29 | Woodstove

届いた

エントリーしていた福知山マラソン(23日)の大会事務局から、エントリーカードが到着。あらためて指折り逆算してみると、本番まであと10日になってる!
f0026766_23231047.jpg
 このところ、自転車、競歩、エアロビにJOGと、トレーニングを詰めていたせいか、脇腹そして臀部の筋肉痛が取れなかったので、思い切って金曜から3日間休養。おかげでどうやら、痛みは止んだよう。
 今朝は久しぶりにいつもの7キロJOG。もう、距離をのばすつもりはない。身の回りの準備と体調を整えることに注力しようと思う。

 
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-11-13 13:11 | Event

標高約1000m

自宅からほど近い、最も高い山の葛城山へ行って来ました。
春には山全体がつつじで覆われ、ロープウェイに乗るのに数時間待ち!とかになるのですが、しぐれ模様の天気の今日は適度な人出。ロープウェイ山上駅から約20分で着いた959.7mの山頂は摂氏3℃! しかも秒速10mを越える西風で体感温度は氷点下。
f0026766_23221017.jpg
 山頂だけあって、大阪平野が一望できるし、すこし歩けば反対側の奈良盆地が眼下に広がるロケーション。雨には降られなかったけれど、屋外でお弁当を食べるには寒すぎました。標高もあるので、今度は暑い季節に来てみたいな。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-11-12 22:30 | Spot

初焚き

週末に雨が降るのは久しぶり。けっこう肌寒く、とたんに火が恋しくなってきました。
f0026766_23204698.jpg
明日が日曜日なので、少々失敗しても安心ということもあり、すこし早めですが薪ストーブの初焚き!となりました。
 木っ端をあまり作っていなかったからか、巡行運転出来るまでに相当数の使用済み割り箸を費やしてしまいましたが、なんとか着火。半年以上のブランクがあるので、慣れるまで時間がかかるかもしれない。
 昨年の火入れ式(10/22)の日も冷たい雨が降ってたなあ~なんて感傷に浸りながら炎を眺める。不思議と気持ちが安らぎます。ケトルの水も、あっという間に沸騰。いつもながらに、すごい熱量だ。
 煙突や炉内掃除はしたものの、天板温度が摂氏200度近くになると、油が燃えたような匂いが吹抜を伝って2階中に充満した。そこでサーキュレーターファンの力も借りながら、窓を全開にして換気。真冬でなくてよかった。原因は付着したタール等の残りかすのせいだろうか。今回限りであってほしい。
P.S.
11/13(月)早朝は外気温4℃の室温15℃まで低下。4時30分起床の妻は、夢の中のボクを尻目に難なく着火できたらしい。6時すぎにはしっかり燃え盛っていました。心配した匂いの発生もない!
朝の室温があったかいと起きやすく、とてもありがたく感じました。。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-11-11 23:51 | Woodstove

夏の後かたづけ

そろそろ待望の薪ストーブの季節!でもあるので、へちまの蔓をほどき、発砲スチロールのプランター内に押し込みました。しかし、大きな葉も半分ぐらいはまだまだ元気な緑色。かわいそうなので蔓は切らずにこのまま枯れるまで待つことにしました。
f0026766_20325148.jpg

 いちばん大きなへちまの実は、じつは10月上旬、ストーブ煙突の横あたりで垂れ始めたもの。ひょうたんは9月早々、ゴーヤは10月下旬に立ち枯れましたが、へちまはかなり耐寒性があるのでしょう。意外だったのは、同じ発砲スチロール製プランターに植えたゴーヤの残土。フカフカで、少し掘れば適度な湿り気もあり、このまま春野菜を植え付けできそう。腐葉土を好む、コガネ虫の幼虫も、1匹御出座しになった。
 水やり以外で土に手を加えたのは、エノコログサ等の雑草残さ(刈り取り後の雑草)を8月上旬にいちど表面に敷き詰めた(緑肥というらしい)だけ。その際たくさんこぼれているはずの雑草の種。これがほとんど発芽してこないのから、また不思議。なんでだろう? 
 園芸って、こうして仮説→実行→検証→仮説・・・の試行錯誤にハマっていくんでしょうね。しかし10年で廻る季節は当然の事ながら、たった10回。この趣味ってやりだすと、案外時間がないのに気づくんじゃないかな。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-11-09 07:35 | House&Garden

累計100キロ超

じつは気にしていた練習量。
 目標の2日に一度は非常に難しいのですが、今日ついに始めてから100キロを超えました。
26日目での達成です。ここまで1週間で3回程度。うち、平日2回は6~7キロ/回、週末は10キロ以上をめざしました。
 100キロマラソン2度の経験者からのアドバイス:「本番までに4時間or30キロを一度経験すべし」を先月下旬、忠実に実行。淀川河川敷の片道3キロを、往復のたびに給水しながら5往復(=計30キロ)を3時間弱で走ったのが利いてます。
f0026766_0330100.jpg
 結果は、着地した際に右足首内側が多少痛む程度で、まだまだ走れそうでした(^_^.)
が、故障したくないし、よく言われる「30キロの壁」は本番当日の楽しみにとっておきたく、自重。
 まさかと思ったのは、20キロ過ぎにトイレ(小さいほう)へ行きたくなったこと。1分30秒のロスが発生。30キロ手前でももよおしたのですが、何とか堪えました。摂取した水分量は、汗をかいた身体が要求するままに合計800ccほど。さほどの量じゃないのに、多いのかな。。本番では何度止まらねばならないのか、少々不安です。
 
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-11-08 19:25 | Exercise

コガネグモ

もう秋深まるというのに、まだまだ生き物は元気だ。
これは、夏場から庭に居座っているコガネグモ。
f0026766_23194432.jpg
 へちま棚づくり等で、何度となく壊してしまい、そのたびに同じ場所へ再生してきた巣。昨日妻が庭木を剪定した際にやむなく取り払ったらしいが、またまた新品の巣を夜中?中に造りあげた模様。
 体長は約3センチ。ひと夏でかなり成長した。どこまで大きくなるのか、これぐらいがかわいいと思うのだが。。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-11-07 21:20 | House&Garden