<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ついに煙突まで到達

興味本位で伸ばしていた「へちま」のつるの先端が、ついに屋根を這い上がり、煙突上部まで到達。
 当初の「日よけ」から「成長観察」へ、生育目的がいつの間にか変わっています(^_^.)
f0026766_12333813.jpg
 煙突は黒塗装のため、日中は表面温度が上がって葉もひげも日焼けする。じかに触れずに巻き付いてくれるよう、週始めに屋根へ登り、竹と麻紐で誘引しておいた。つまり、お気づきのとおり、9月に入ってからも親ヅルはさらに伸び続けているのです。唯一育った長さ50cmの実は黄色くなってきたため、たわし用に収穫。ほぼ同じ場所で咲きはじめた雌花に今回、人口受粉した。今週末には、つるの先端を摘芯し、栄養分を果実の成長&小づる伸ばしに向けようと思う。
 「へちま水」も採取したいのですが、今年の株は一個限り。せっかく煙突まで到達したものをすぐに枯らせたくはないので、来年の楽しみにとっておきます。

 
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-09-08 12:39 | House&Garden

宿根あさがおの現状

地面を這いはじめた宿根あさがお。やはりその生態は予想どおりで、つるの側面から新たな根が地中に向かって生えはじめました。2階から撮影した北側犬走りの状況です。
f0026766_8134770.jpg
 すでに、一番長いつるの先端は自宅西面に到達しそうな勢い。このまま放っておけば来春はひょっとして、あらゆる場所から発芽。自宅の北側壁面を覆ってしまうのだろうか。。

 さて、これまでカメムシとカマキリしか見なかったあさがおの住民ですが、このたび新たにアオムシが仲間入り。
f0026766_8141325.jpg
体長5センチ強とかなり大型。しかし周辺を確認してもこれ1匹しか見あたらず、食害も大したこともないのでこのまま生かし、さなぎになれば身柄拘束。どんな成虫になるのか、観察してみようと思う。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-09-07 12:43 | House&Garden

メンテナンス完了

ストーブ関連の残るメンテナンスを今日すべて完了しました。
 まずは懸案であった、煙突塗装のはがれ。
f0026766_1502972.jpg
 これは下地なしで、耐熱塗料をスプレーで、あっさり終了。
 次は、ストーブ炉内のうっすらと付いた赤さび。こちらも教わったとおり、CRC556をスプレーしてサビを浮かせたのち、金ブラシで落とし、布で拭き取る。
 汚れているところも同じ要領でやったため、けっこう時間がかかった。その後、要所に先ほどの耐熱塗料をスプレー。購入当初の黒の輝きがよみがえった。
 CRCが効いている間は当面要らないだろうが、この赤さび、いつ、どんな原因で発生したのか、防止策はないのか、研究しておきたい。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-09-03 22:33 | Woodstove

コナラ獲得

ここは、となり町の公共施設内にある雑木林。
 かみきり虫のしわざと強風のせいなのか、高さ10mもあるコナラの木が地表1mあたりからバッサリ倒れており、フェンスをへし折っていました。
f0026766_20424411.jpg
 小枝は処分?されていたので、これはもしやと思い、「もらえます?」と聞くと、「どうぞ」との事。おかげではじめて単独での山中作業となりました。
 準備作業中、ものすごい数の藪蚊の来襲に遭い、たまらず虫除けと蚊取線香を取りに帰宅し、出直し。競泳用ゴーグルを付け、チェンソーを唸らす。怪我のないよう、慎重に作業。おかげでかすり傷一つなく、完了。直径15cm~30cm、長さ40cmの玉切りが約25個採れました。来年の冬用とするためには今月中には薪割りを終え、乾燥開始したいところ。
 今回、体力的に辛かったのは、戦利品を車まで運ぶ際。車の荷台までは、山道をどうやっても20mは抱えて行かねばならない。
 今回は数がその程度だったから何とか耐えた。都会育ちの我が家には一輪車など無いが、無性に欲しくなってきたのは言うまでもない。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-09-02 20:16 | Woodstove