<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

まるでペンション村

自宅の庭づくりの参考にと、教えてもらった住宅地を初めて訪れました。
奈良県生駒市高山町獅子ヶ丘。
f0026766_705589.jpg
幼少の頃から何度か行ったことのある「くろんど池」の北側に位置しているので、土地勘がないわけではなかったのですが、まるでペンション村のような一角があったとは驚きでした。かなり以前に開かれたのか、周辺の木立もそれなりに高く、いい雰囲気です。

f0026766_72510.jpg辺り一帯は6m道路が造られていますが、袋小路になっているため通行量はわずか。車以外の交通の便は全くないと言えそうですけど、薪ストーブライフを楽しんでおられるご家庭が多く見受けられます。ご近所付き合いするのも楽しそう。


f0026766_722738.jpg土地情報を検索してみると、350坪2400万円。マイホームを実現したばかりのさらりいまんには縁遠い存在に映りました。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-02-27 07:24 | Spot

ベンチに

玄関先のベンチとして、子供用の椅子を置いてみました。
f0026766_7243675.jpg

これは、とある間伐体験バスツアーに参加した際、林業家のかたによるチェンソーアート(って呼んでたはず。。)の実演があり、我が家の子供向けにと、厚かましくも2つお譲りいただいたもの。1本の杉の丸太にチェンソーで切れ目を数箇所入れるだけで、脚まで仕上がっています。しかも、背もたれ部分は滑らかに湾曲させてあります。
しばらく用途がなく、納戸で眠っていたのですが、玄関先に置いてみると、ちょいと手荷物を置くのにも便利。見た目もけっこうイケてると思っています。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-02-21 23:55 | House&Garden

おたふくかぜ

兄弟感染しなかったと、思い込んでいた「おたふくかぜ」の自覚症状を、長男の完治2週間はとっくに過ぎた日曜日、長女が訴えました。
「耳の後ろがちょっと痛い~」
早速今朝、町医者へ行かせると、案の定の診断結果。
「自覚症状の出る1~2日前から感染の可能性がある」と。
f0026766_23465765.jpg

処方されてきたと思われる薬はコレひとつ。疼痛(とうつう:ずきずきする痛み)時に1日2回迄と。つまり、日にち薬で回復を待つのみということのよう。
前日(土曜日)は、乳児、乳幼児、子供、そして大人、しめて計12人の来客があったばかり。ちょっとうかつだったと反省してます。。。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-02-20 18:46 | Family

プラン

前庭のプランが、見積依頼先から出てきました。
f0026766_849263.jpg

近隣の鳥や虫などに遊びにきてもらう、ビオトープ庭がいいかな?と考え、まずはその理想形を提案してもらったもの。薪棚、作業スペースも西側に考慮されています。砂場や野菜づくりは黄緑色になっている空きスペースで考えることになります。

自分たち家族で少しずつ整備していくやり方が本来、理想ですが、そのままでは春になれば雑草も生えてくるだろうし、ある程度、いつまでに何をどういう目的で!という方針は固めておきたい。家づくりの場合、大半は決めたことをやってもらうだけでしたが、庭づくりは自然が相手であるが故、春以降動き出したら止まらないわけで、メンテナンスの時間が取れるのか? その価値はあるか? 自分たちでいったいどこまで造るか?という視点も必要です。

いまのところ、そのプロセスを楽しめるだけのノウハウは足りないので、まずは先行事例を探し求めようということになりました。当てがあるわけはありませんが。。
#ビオトープ庭の持ち主っていらっしゃいませんかねえ?

ま、少なくとも、隣家との目隠しになる部分の植栽は、来月中にはやってしまう予定です。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-02-18 23:08 | House&Garden

おひなさま

自宅リビングにおひなさまを飾りました。
これまでの賃貸アパートでは、1度だけ自宅に飾ったことはありましたが、それ以外はいつも収納が可能な実家。賃貸はとにかく収納スペースが無く、かといって重いケースを往復させるのも辛かったので、やむなくそうなっていました。
我が家の女性陣は、ひな人形にはやはり特別の思い入れがあるのか、日々見れるリビングへの据え置きは譲れないと主張。当初はミスマッチかも?と懸念しましたが、杉の床、柱に真壁の紙クロスの背景とも、それなりに調和してくれました。
おひなさまの表情も、なにかしら落ち着いた様子に映ります。
f0026766_23565576.jpg

[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-02-17 23:54

7Game!

ボーリングにいってきました。
リストバンド効果は絶大で、手首をコネたりしないで、直前での強くカーブがかかる、プロボーラーのような球筋が出るようになりました。ハマったときにはキレイなストライクが続きます。
その他、
・リリースの安定
・握力低下の防止⇒バラつきの軽減&重めの球が使え、破壊力増
・見た目のかっこよさ
こんなところです。何でも格好から入る方にはぜひおすすめ。1575円(税込)です。
f0026766_955183.jpg

で、肝心のスコアは、110~170の間で推移。球の曲がり具合が安定せず、スペアのとれないミスが目立ちました。

相手に強力な助っ人が2名もいたこともあり、水曜日の勝負は惨敗。
でも、今日イチの球が何度も出て、精神的には満足しています。

蛇足ですが、今日は勝負の翌日。試合前日の練習も入れると2日で7Gameを消化したせいか、リストバンドがあるにせよ、手、腕には相当の負担がかかっていた様子。
鉛筆、箸持ち、洋服ダンスの引き出し開け等、つらい状態が続いています。。年齢のせいかな~
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-02-16 23:55 | Exercise

煙突からは・・・

続・ストーブ観察です。
焚き付けの際や、熾き火に追加の薪を入れたときなど、薪が燃えるのに適切な表面温度になるまでは炎が出ず、不完全燃焼の煙が煙突から放出されます。
f0026766_23541489.jpg
このときと、前面ガラスの曇るときとはほぼ一致しているようです。
#焚き始めてまもない頃、空気の通り道を確保せず着火。しばらくは室内、屋外共、白煙が充満してしまったことがありました。

炎が出て、燃焼ガスに含まれる炭素分が全て二酸化炭素になれば、煙突の外観からはストーブが運転していることが判らなくなります。匂いも感じないときさえあります。
前提として、暖かい室内へ前もって取り入れた、しっかり乾燥した薪を使うことはもちろんですが、手間かけず、煙の放出をいかに短時間に抑えられるかは、使用人の腕次第。いまだに心配のあまり、煙突の状態を目視確認しに外へ出る事もちらほら。

昨日、ご近所の初老と初会話。「毎日犬の散歩で前を通るたびに煙突見とるけど、暖炉はずっとつけてないの?」「はあ、消しているか、たまたま上手に焚けているかどちらかです。。」
匂いの苦情でなくてホッとしました。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-02-12 23:54 | Woodstove

ガラスの汚れ

薪ストーブはお蔭さまでほぼ毎日焚けてます。着火も慣れました。妻は悪戦苦闘のようですが。。
で、なかなかうまくいかないのが、前面ガラスの汚れが避けられない点。特に両端は、燃え始めに薪の小口から出る煙による煤(すす)がへばり付きます。真ん中付近は温度上昇とともに消えてきますが、鎮火につれ、再びふんわりと煤が付着します。
f0026766_23562985.jpg

[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-02-10 23:48 | Woodstove

道具

何かにつけて、道具は揃えたい性分。今日は、ひょんな事で飲み代をかけて5対5で勝負することになったBOWLINGに備え、リストバンドを購入。
f0026766_0302392.jpg

本格的に習ったこともないので、スコアはだいたい、130~150あたりをうろうろしていた記憶があるのですが、ココ4年ほどはプレイから遠のいています。
競技会場の下見をかねて、1度は試着して練習し、精神面では優位に立ちたいところ。
結果が出るのは15日(水)。どうなることやら。。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-02-07 23:52 | Goods

癒しのひととき

現住所が変わっても、行く床屋だけはここ約20年ほど変わっていません。ボクの生まれ育ったここダイエー発祥の地にあり、二代目のご主人は4歳年上。奥様と見習生一人の計3人で経営されています。
f0026766_0411948.jpg

床屋と書きましたが、店名にも使われている「ヘアーサロン」がふさわしい。以前深夜に前を通ると、同業の方々と講習会をされていたり、ご婦人向けのエステも取り入れるなど、お客のさまざまな欲求に前向き且つ柔軟に対応されているご様子。
仰向け洗髪、顔エステ、世間話等等、気持ちのよい、月に一度の贅沢な時空間を感じさせてもらえる限りは、広がる格安店に負けることはないでしょう。
今回も、頼まないのに「鼻毛の手入れ」付きでした(笑)
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2006-02-06 00:43 | Spot