2013年 10月 27日 ( 1 )

三度目の大阪マラソン

毎回約5倍の抽選をパスし、万馬券並みの確立で出場出来た今回の開催日は10月27日。昨年より1カ月早いので、自動的に身体づくりも真夏走り込み必須となった。長男と山へ行くのが毎週末恒例となり、それはそれで一石何鳥にもなったが、フルマラソンのためのトレーニングとしては絶対量が足りない。猛暑のせいか、めばちこを発症し1週間ドクターストップとなるなど、順調さを欠いた。30キロ走は直前の1回限りでしかも20キロを超えてから失速。スタミナに不安をかかえてのスタートとなった。結果は3時間19分16秒。その不安が結果に出たレースとなった。

この日のために奈良陸連へ登録していたので、スタートロスのないAブロックを確保。号砲から約30秒後には想定どおりのスピードが出せた。1キロ通過が4分40秒。次の下りは4分17秒。天気は快晴で気持ちいい。なるべく左右の高低差のない路面を選んで走る。上本町の登り坂は、心拍数が上がらないようにペースダウン。御堂筋までの下りで取り返したらいいと考え、リラックスを心がけた。御堂筋を北上する8キロ前後は最もラクにタイムを刻めた。淀屋橋を右に折れ、見慣れた町並みをゆく。片町折り返し前後では前回同様にラップがかかるがリラックスを心がける。沿道で応援する人の顔を確認しながら脚を運ぶと、時間の経過が早い。あっと言う間に中央大通へ入る。白髪初老の男性と同年代の女性の3人でしばらくランデブー。周囲からは前者が「お父さん頑張って!」と一番人気。こちらも負けじと25km以降、沿道応援者へアイコンタクト。100人以上と交わしただろうか。とても勇気と元気をもらい、嬉しくなってペースも多少上がる。しかし、これが落とし穴だった。残り10kmぐらいから全身疲労感に見舞われ、徐々にペースダウン。元部下の駆けつけ応援に感動するが、昨年同様、恰好のいい所を見せられない。38kmへ向かう南港大橋越えに挑む余力は残していたので、頑張って駆け上がるが、下りきって平坦となるとガタッとさらにペースダウン。ラストスパートは残り1kmだけでしかもキロ5分と平凡なもの。ま、練習不足だったので妥当な成績だと思う。
次のフルは2月の泉州。2週に1度の30km走を自分に課さねば現状を打開出来ないことは分かっている。加えて、最近のランナーズに記事のあった筋トレにも取り組むとなお良さそう。
以下は42kmの軌跡
1キロ4分42秒
2キロ4分17秒
3キロ4分34秒
4キロ4分35秒
5キロ4分28秒
6キロ4分38秒
7キロ4分33秒
8キロ4分35秒
9キロ4分42秒
10キロ4分42秒
11キロ4分37秒
12キロ4分46秒
13キロ4分39秒
14キロ4分39秒
15キロ4分37秒
16キロ4分40秒
17キロ4分33秒
18キロ4分39秒
19キロ4分40秒
20キロ4分44秒
21キロ4分40秒
22キロ4分43秒
*23キロ4分37秒
*24キロ4分36秒
25キロ4分36秒
26キロ4分39秒
27キロ4分32秒
28キロ4分34秒
29キロ4分40秒
30キロ4分43秒
31キロ4分45秒
32キロ4分49秒
*33キロ4分49秒
*34キロ4分48秒
35キロ4分50秒
36キロ4分55秒
37キロ5分00秒
38キロ4分47秒
39キロ5分1秒
40キロ5分6秒
41キロ5分25秒
42キロ4分57秒
*42.195キロ1分16秒
Total   3時間 19分 16秒
Ave.4分43秒
*:未計測につき推定

More
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2013-10-27 14:18 | Event