山桜の植樹

奈良県が主催するイベントに応募し、吉野へ行ってきました。
日頃、薪を焚いてるんで、多少なりとも炭素固定に貢献したく、家族で参加。
植樹って、50センチぐらいのものを植えるのだろうと思っていたのですがなんの、2メートルはかるく超える、6年ほど経ったもの。
f0026766_7384651.jpg

横幅50センチ、深さ40センチの大穴を掘り、据えつけ。倒木防止の杭を打ち、鹿による樹皮の食害防止用に、竹を沿え表土を埋め戻す。これがけっこう大変。慣れない作業のため、腰への疲労がたまり、時間を要しました。
長女が描いた札をつけてなんとか完成。順調にいけば、2年後には花が咲くそうです。
f0026766_7391320.jpg

暖冬のせいもあり、今年の薪消費は2トン強。並みの立木で約8本。比較的成長の早いクヌギでもその大きさになるのに25年はかかる。炭素需給バランスを早期に均衡へもっていくには、予備も含めていったい毎年何本の植樹をしないといけないか、気が遠くなりますが、とくに荒廃している山が身近にあれば、その若返りに貢献したい思いです。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2007-03-04 21:48 | Event
<< 生涯初の自転車 きょうは楽しい*** >>