愛宕山登山

f0026766_9521794.jpg
小生、かつては京都市内北西の北野白梅町にある高校に通っていたが、自宅とは正反対に位置し、唯一馴染みの薄いのが嵐山嵯峨野地域。ましてやその奥山には行ったことがない。たまたま予定していたゴルフコンペが中止となって、夕刻梅田での飲み会迄の時間が空いたので、愛宕山登山を計画し、朝7時に自宅出発。着替え一式を今宵の宴会場であるホテルへ預け、阪急そして嵐山駅8時58分発の京都バスを乗り継ぎ清滝へ向かう。バス車内は測ったようにちょうど満員。多客で乗れんかったら登山口まで歩きを覚悟してたから大助かり。1時間位節約出来た。名物らしき片側通行の500mトンネルを出ると終点。紅葉行楽シーズンが開始早々で、まだ色づいた木はまばら。でも幼児を含む家族連れは複数見かけるなど、ハイカーはさすがに多い。9時37分登頂開始。地道ながら、とにかく階段だらけの急斜面で最初はうんざりするが、そのうち身体が使い慣れてきたのかラクに。
山の中腹あたりは朝からガスが発生。山上からの眺めは同じ高さの山なみだけ。市街地は望めなかった。10時50分に標高924m山頂の愛宕神社到着。本殿の周りを確認するが、三角点は見当たらない。山頂には千回参詣記念碑が数多くあり。中には5千回の強者も。毎日来ても15年はかかるから恐れ入る。復路は水尾の別れから水尾の里を経てJR保津峡駅へ。山の下り坂が急過ぎて思うように走れない。里に降りてからはいい感じに傾斜のついた舗装路となり、ほぼ駅までランニング。おにぎりで昼食をすませ、12時22分発の山陰本線で京都へ。イオンモールで買い物後、14時15分発新快速乗車。大阪経由で帰りました。

[PR]
by takeshiblog-_-p | 2013-11-18 09:30
<< F400の現状 赤穂シティハーフマラソン >>