好きなランニングコース

11月にフルマラソンを走って以来、せっかく鍛えた身体をナマらすのはもったいないと思い、2週間に1度は10キロ程度走る機会を作る誓いをたてました。それは、ほぼほぼ実現して来れたのですが、12月半ば頃から右足の土踏まずが3キロを超えると必ず痛みはじめ、翌日まで少し腫れるという状態が続いてました。
原因がよくわからないまま、昨日は、泊まりに来た実家で2時間ほど都合がついたので、練習に使っているいつものコース(豊里大橋~赤川鉄橋1周6キロ)を周回。キタのビル群を夕日が照らす景色は、学生の頃から好きなんです。(天気が良いと、もっと真っ赤になります)
f0026766_317261.jpg

すると、昨日はほとんど痛みは出ず、3周+2キロの計20キロを2時間弱で走れました。
変えてみた「意識」は、
・今まで以上に「おしり」で走る
・かかとで踏み込み着地後は蹴らずに地面の反発力で前進する
・肩甲骨の動きで骨盤がローリングしてるはずだから、踏み出すつま先の方向は少し外向け。指は中指からの着地
・下を向かず、まっすぐ遠くの目標物を見つめつづける
視界が広がる堤防の上のコースは、これらが実践しやすいので、好結果になったのかと。しかし真冬の堤防ランは風が強く、特に顔と手が冷たいどころではない。痛いを通り越して感覚がなくなる。気合を入れていないと「やめよか~」とメゲてきます。2月や3月のフルマラソンに出場するランナーのみなさんは、ホントによく頑張れてるなあと感心m(__)m こちらは、4月末のハーフマラソンまでは予定がありません。気楽に続けようと思います。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2009-01-31 22:49 | Exercise
<< 富士山 龍田大社 >>