里山づくり研修会

となりのとなり町にある「橿原市昆虫館」で、第一回里山づくり研修会なるものが開催されたので参加してきました。
日頃は山に入って木を貰い焚くばかりなので、何か恩返しをしないと・・・と思っていたところ、新聞に当イベント情報が載ってるよ!と妻に教えてもらった。ちょうど行ったことのない場所でもあったので、遠足気分で家族と向かいました。
目的は、昆虫館敷地内の裏山に繁茂した木々を間伐するというもの。
このような公共施設は、出来る限り公費を節約して維持管理をしているようで、当研修会参加者は、常日頃から活躍されていらっしゃる「昆虫館ボランティア」の方々が大半。ちなみに皆さん初老の方ばかり。初参加は小生ともう1名のみ。総勢約15名で作業開始となりました。
f0026766_2161881.jpg

「里山づくり」なので、山桜やくぬぎ、コナラといった落葉樹をある程度残し、それ以外の常緑樹を散髪するのが主な作業。昼ごはんをはさんで、チェンソーで間伐した木々の枝をのこぎり等で短く揃え、数カ所に集めていくと、作業開始当初には全く存在すら気がつかなかった見晴らし台が出現。4月には山桜の花見ができる目途がたったところで終了。スッキリした里山を見る爽快感と、ほどよい疲労感が残る一日でした。
このイベント、2カ月に1度のペースで予定されている。次回来ますか?と尋ねられ、「・・・。」即答を避けてしまいました。研修会らしきところは、のこぎりとチェンソーの扱い方の超初歩を学んだ程度でそれ以外はずっと作業。こちらとしては、里山の維持管理ノウハウを吸収したかったのに、初参加ではそこまで言えず、今回は勤勉な青年になりきっていました。
ま、罪滅ぼしをしたくなってきたらまた参加。その時には色々聞いていこうと思います。
[PR]
by takeshiblog-_-p | 2009-01-25 21:58 | Event
<< 龍田大社 年始の恒例行事 >>